至誠祭り・バザーが開催されました

去る2019年10月19日(土)、『至誠祭り・バザー』が行われました。
至誠学舎立川(児童・保育・高齢の各事業本部)合同のもので、立川市錦町6丁目の至誠ホームを会場として開催されました。

本年は「祭り」というフレーズを加え、地域の皆様に楽しんでいただこうという強い気持ちの元、職員一同、企画をさせて頂きました。当日は、バザーなど恒例の各種店舗の他、保育園児達のダンスパフォーマンス・立川女子高校吹奏楽部による演奏・国分寺連の阿波踊り等、様々なイベントもあり、お子様から高齢者の方まで楽しんでいただける「祭り・バザー」となりました。

今回も、大変多くの企業・団体さんにご寄贈やご協力を頂きました。また、大勢のボランティアの方々にもご参加いただきました。この場をお借りして、心より感謝を申し上げます。

尚、今回の売上金合計¥991,078につきましても、今後の社会福祉事業に使用させていただく予定です。引き続き、社会福祉法人至誠学舎立川をどうぞ宜しくお願いいたします。

春夏秋冬 2019秋号

至誠学舎立川の児童事業本部・保育事業本部・高齢事業本部では、それぞれの事業や利用される皆様の特性に応じた「生活支援」を展開しています。では、その「生活」とはどのようなものなのでしょうか?
この「コラム―春・夏・秋・冬―」では、各事業部での「生活」の様子を季節ごとにご紹介いたします。
皆様に関心を持っていただけたら幸いです。新コーナーをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

児童事業本部

「茨城だよ!全員集合!~みんなで思い出を作ろう~
(2019ワークセンターまことくらぶ秋の旅行)」

まことくらぶでは毎年秋に2泊3日の旅行を実施しており今年も9月25日(水)から27日(金)にかけて茨城県に行ってきました。茨城の名所を巡りながら納豆工場で納豆の食べ比べをしたり、牛久大仏の大きさに驚きながらも記念写真を撮ったり、宿で花火大会をしたり、宴会ではカラオケやダンスで大いに盛り上がったりと皆さんの笑顔が弾ける3日間となりました。私は今までに3回旅行に参加していますが今回は行事担当となり迎える初めての旅行でした。幸い天候にも恵まれ皆さん大きな怪我やトラブルもなく無事に旅行を終える事が出来ました。今回このコラムでは秋の旅行を通して少しでも日常の様子を伝える事が出来れば、まことくらぶの事を知って貰えるきっかけになれば幸いと考えています。

まことくらぶには現在18歳から59歳までの立川市近隣にお住いの障害のある利用者さん(まことくらぶでは会員さんとお呼びしています。そこには利用ではなくその方が選んで入ってくれたという気持ちを大切にしていきたいという思いが込められています)が22名通所され、職員やボランティアさんと一緒に毎日仕事に取り組まれています。そんな中毎年の旅行は会員さん、スタッフ含めての一大イベントとなっており、年に一度の旅行を楽しみに働いているといっても過言ではない方も多数いらっしゃいます。

現在まことくらぶでは少しずつ会員さんの高齢化が進んでおり、それに伴い会員さんのご家族の高齢化も顕著となってきています。そのため日頃から遠くに出かけたり、宿泊に行ったりする機会が減り、この旅行のみが唯一のお泊りという方も大勢いらっしゃいます。また職員にとっても日頃日中の仕事を通してでしか関わる事のない会員さんの様々な様子や考え等新たな一面を知る契機ともなる宿泊行事は支援に欠かす事の出来ない機会となっています。

そんな旅行に関わる費用は、会員さんからの参加費と都や市からの助成金そして事業所からのプログラム費で賄われています。しかし昨年度から市の助成金が打ち切られた事もあり今後の宿泊行事の継続について今転換期を迎えています。参加費の値上げやプログラム費の増大による対応は現実的ではなく、どうしても限られた予算内での旅行となると行き先も含めマンネリ化、あるいは縮小化しがちになってしまいます。しかしこの2泊3日の旅行は会員さんにとってもそしてご家族や職員にとっても大切なものであると強く感じています。そのため出来る限り会員さんの負担が少なくなるように制度を利用し、少しでも大勢の会員さんに参加して貰えるような楽しく思い出に残る旅行を組み立てていこうと思っています。

まことくらぶの事業所の使命は「夢をかなえよう」です。誰もが参加でき、楽しかった!また来年も行きたい!と思ってもらえるような安全で楽しい旅行を。そして旅行を体験する事が皆さんの現在や将来に向けて少しでも役に立つ機会となり、希望を抱いてその夢を叶えることが出来るようなお手伝いをしていく事がまことくらぶの職員としての私の夢だと思っています。

 

保育事業本部 

「みてみて!」 

ななふし つかまえられたよ

至誠の森の恵み「梅」の収穫
ジュース作り
「おいしくなーれ」


 

「わあーい」 
スイカ 大きい!

これなんだろう?
子ども達の探求心が育つ時間

園に咲いている季節の花で花束作り。
お誕生日会でプレゼント

地域の夏祭り参加
力を合わせて
よいしょ!よいしょ!

 

高齢事業本部

9月は敬老月間。至誠ホームではご入居者、ご利用者の「長寿を祝う会」が開催されました。
ご長寿の方々のご紹介をはじめ、記念品の贈呈やお祝いの演奏など、各拠点それぞれが趣向を凝らした会を催しました。ご家族も多数お見えになり、見栄えも味も華やかな祝膳を囲んでお祝いのひと時をともに楽しみました。
現在、至誠ホームでは105歳の方を最高齢に、100歳を超える方々が10名生活されています。そのほかにも白寿・卒寿・米寿・喜寿を迎えた方々が多数いらっしゃいます。
皆さん、ご長寿おめでとうございます。これからもどうぞお元気でお過ごし下さい!

キートスデイホーム・職員によるダンス
至誠ホームミンナ
至誠特養

採用情報ページを追加

画面上のメニューに「採用情報」ページを追加しました。至誠学舎立川の児童、保育、高齢、各事業本部の採用情報にリンクするページを紹介しています。

採用情報を見る

10/19 至誠祭り・バザー

至誠学舎立川は2019年「笑顔が集う至誠祭り・バザー」を開催します。
模擬店、バザー、手作り作品、お楽しみくじなど盛りだくさん!皆様のご来園を心よりお待ちしております!

日時

2019年10月19日(土)
10時~14時

会場

至誠ホームけやき広場
立川市錦町6-28-15

 クリックでPDFファイルが開きます

7/27 至誠福祉セミナーのご案内

2019年7月26日(金)に、社会福祉法人至誠学舎立川主催の「第17回 至誠福祉セミナー」を開催します。
ご参加をご希望の方はメールまたはFAXにて法人事務局までお申し込みください。

 (画像クリックでPDFファイルが開きます)

内容

Ⅰ 講義
最新認知症予防と介護
日本社会事業大学社会福祉学部福祉援助学科
下垣 光 教授

Ⅱ 施設実践報告

  1. 「修繕力を向上させるために」
    児童事業本部 ケアワーカー:磯沼国弘・看護師:伊東やよい
    心理職:北村文菜
  2. 「ICTを活用した業務効率化・省力化」
    保育事業本部 園長:髙橋智宏
  3. 「フットケアで快足生活」
    高齢事業本部 ケアワーカー:中島雅人 看護師;鷹取鈴貴
    理学療法士:桒原右京 ケアワーカー:石垣健太

Ⅲ 講評
日本社会事業大学社会福祉学部福祉援助学科
下垣 光 教授

日時

2019年7月26日(金)午後6時15分受付
午後6時30分~9時30分終了予定

場所

立川市女性総合センターアイム ホール

参加費

無料

申込み

至誠学舎立川法人事務局
Email:honbu@gakusha.org
FAX 042-527-7838

「智慧の燈火」に橋本理事長が出演

創業100年を超える長寿企業の知恵を紹介するWebTV「智慧の燈火」にて橋本正明理事長が紹介されました。以下のリンクからご覧になれます。

智慧の燈火プロジェクト 「長寿企業の知恵」 社会福祉法人 至誠学舎立川

 

またはAbema FRESH(スマートフォンテレビ局)でも同番組をご覧いただけます。

Story ~長寿企業の知恵~ 社会福祉法人 至誠学舎立川

 

平成28年度 至誠学舎立川新規採用者研修会開催

  

平成28年3月1日(火)に至誠学園 かしの木プラザ・ホールで平成28年度新規採用者を対象にした研修会を開催しました。
参加者は、児童事業本部内施設20名、保育事業本部25名、高齢事業本部26名の計71名で昨年より10名増えました。
この研修会は、旭常務理事を研修委員長として各事業本部から選抜された企画・運営委員によって運営されています。毎年のことですが司会者は、新規採用者に親しみを持ってもらうように入職2~3年の職員を担当していただいています。今年は、至誠保育園の入職3年目のSさんがほぼ一日がかりの司会の大役を務められました。

研修会の内容は次の通りです。
9:45~10:00 オリエンテーション
10:00~10:05 開会の挨拶・・・旭常務理事研修委員長
10:00~10:10 理事長、常務理事、事務局長、顧問等紹介
10:10~11:10 法人の理念・歴史 そして「これから」について…橋本理事長
11:10~11:45 法人の組織について…稲永常務理事保育事業本部長
11:45~12:45 昼食休憩
12:45~14:00 至誠学舎立川の立川市錦町にある至誠学園、まことくらぶ、至誠保育園、至誠ホーム、まこと館(法人本部・研修センター)等法人内施設見学
14:15~16:00 今回初めて、吉本興業芸人 「アップダウン」を招いてコミュニケーション力アップアップ講座実施
16:00~16:50 グループワーク(参加者でタイムキーパー、司会進行、記録、ディスカッションし、発表)髙橋久雄常務児童事業本部長から講評
16:55~17:00 みんなで合唱「365日の紙飛行機」
16:50~16:55 閉会の挨拶…髙橋久雄常務理事

終了後「社会人の資産形成について」の情報提供(R銀行から「個人型確定拠出年金」、MY生命から「フレッシャーズのみなさまへ 安心できる未来のために」「BUSINESS Passport for freshers」等の情報提供)

まる一日の研修でしたが、新規採用者の皆さんは疲れも見せず、児童・保育・高齢の分野を越えた交流と法人の理念にふれ、各事業本部で行う入職前研修に思いを馳せていました。

 

事業本部紹介ページを追加しました

「理念と使命」メニューの下位ページに「事業概要」ページを追加しました。

児童、保育、高齢、各事業本部長からの紹介メッセージを記載しています。

事業概要ページを見る

第317回理事会(平成27年6月1日)が開催され新理事長が誕生しました。

5月23日の第101評議員会で選任された高橋理事長より委嘱された理事により理事会が開催され、橋本正明理事を新理事長に選出しました。前理事長は、顧問に委嘱されました。

第316回理事会 第101回評議員会開催(平成27年5月23日)

平成26年度事業報告・決算認定の件、資産総額変更登記に関する件を審議決定後、平成27年5月末で任期満了なる評議員・理事・監事の選任を行いました。決定内容は、順次、このホームページで公開していきます。