春夏秋冬 2021夏号

児童事業本部

至誠障害福祉総合センター開設

知的障害者小規模作業施設「ワークセンターまことくらぶ」は、令和3年4月より障害者就労継続B型、生活介護、グループホームの複合型拠点施設「至誠障害福祉総合センター」として始動しました!新たな環境の中で心機一転、スタッフ(職員)・会員(利用者)一丸となって「夢をかなえよう」をモットーに、笑顔あふれる施設を目指して努めていきます!

作業内容

ペン先加工(企業様より受注した軽作業)、リサイクル作業、ビルメンテナンス(清掃)作業、クリーニング作業、売店(法人内出張所)での喫茶業務など、会員さん一人ひとりの個性や希望に沿った支援を行うべく、多種多様なお仕事をご用意しております。今年度より、イラストの制作を行うアートワークというお仕事も始まりました。「想造楽工」様のご協力のもと、制作されたイラストは様々なグッズとして商品化されます。

昼食の様子

毎日の楽しみの一つが昼食です!コロナ禍のため会員の皆さんにはマスク会食にご協力頂いていますが、食べ終えるとあちこちから「おいしかった」、「明日は何かな?」といった声が聞こえてきます。終礼前には、翌日のメニューの発表がすっかり恒例となりました。今年度より昼食は食工房707さんに委託しています。

チーム対抗玉入れゲーム!

毎週水曜日の午後はミーティングや余暇活動の時間です。この日は2チームにわかれて玉入れゲームを行いました。高得点の難所を狙う方、堅実に得点を重ねていく方などそれぞれの個性も光りながら、とても白熱したゲームになりました!じめじめした蒸し暑い日が続くことで体力の低下も心配されますが、これからも楽しく身体を動かすプログラムを行っていきたいと思います。

卒業式

この度、2人の会員さんが当施設のグループホーム「まことホームにしき」への入居に伴い、まことくらぶから新たな道への一歩を踏みだされます。長年まことくらぶで過ごされてきたお二方は様々な思いがこみ上げている様子でしたが、出し物や思い出ムービーの上映など、温かな雰囲気に包まれた式となりました。それぞれ新しい場所でのご活躍を応援しております。


保育事業本部

至誠あずま保育園

新年度スタート

4月1日、至誠あずま保育園でも0歳児6名、1歳児1名、2歳児1名、3歳児1名の新しいお友達が入園され、50名のお子さんの新しい生活が始まりました。
進級のお友達も新しい学年カラー帽子を貰い、一つずつお兄さん、お姉さんになったことを喜びあいました。

4月、5月は、新しいお友だちや新しい担任との信頼関係をしっかりと築く大切な時期です。
そんな時期を経て、6月になり新入園児もすっかり保育園に慣れ、毎日笑顔いっぱいで過ごしています。まだまだコロナ禍であり、対策を講じながらの保育の日々ですが、お子さんたちは元気いっぱいに過ごしています。

気持ちいいね~

乳児用ウッドデッキでは、お食事の前後のちょっとした時間や夕方など0歳児のお友だちがゆっくり、まったりくつろいだり、ボール遊びやしゃぼん玉などを楽しんでいます。
開閉式の屋根もあり、これからの季節は乳児クラスのお友だちはここで水遊びを楽しみます。

しゃぼん玉、大好き!

子どもたちが「グリーンガーデン」と呼ぶ、人工芝を敷いた遊び場があります。この壁画はあずま保育園を卒園したお兄さんやお姉さんが夏休みに描いてくれた作品です。
子どもたちも「きりんさんいたね~」「イルカだね」など嬉しそうに指差しながら伝えてくれます。
あずま保育園の卒園児と在園児との繋がりを感じる事ができる大切なスペースとなっています。
夕方にはこの場所でしゃぼん玉を追い掛けたり、車を走らせたりと楽しんでいます。

水防訓練

あずま保育園の近くには多摩川が流れています。散歩に行ったり、土手滑りをしたりとお子さんたちにとっても親しみのある場所です。近年の大雨により多摩川が氾濫することを想定し、毎年水防訓練を実施しています。お子さんの足で歩いて20分程掛けて日野市第一小学校に避難しました。小学校の正門から入り、体育館前の木陰で水分補給を行い、校長先生や園長先生のお話を聞きました。どのお子さんも真剣に話を聞くことが出来ました。命を守る行動をしっかりとっていきたいと思います。

早くたべたいな~

あずま畑では今年もナス・ピーマン・キュウリ・トマト・スイカなどの野菜を育てています。例年ですと、3~5歳児全員で地域のお店に苗を買いに行き年長児が代表して苗の植え付けを行うのですが、コロナ禍の今年は買い物も年長児のみで行ってきました。自分たちの手で植えた苗からどんな風に野菜が出来ていくのか・・楽しみにしている子どもたちです。3,4歳児も時々野菜の成長を楽しみに畑に行っています。「来年は僕たちがやるんだよね。」と今から楽しみにしている4歳児の姿も見られます。苗を植え、水をあげ、雑草を取り、時には虫を見つけて驚いたり、喜んだり・・・。
収穫までみんなで協力して大切に育てていけるといいね!
年長さん、お願いします。

梅ジュース作ったよ!!

栄養士と年長児で毎年恒例の「梅ジュース作り」を行いました。
手洗い、手指の消毒、マスク着用で、梅のおへそ(ヘタ)を爪楊枝を使い1つ1つ取っていきます。「あれ、とれないなぁ~」とみんな真剣そのもの・・・。全部ヘタが取れたら、良く拭いてから容器の中へ。「そっと入れないとね。」と女の子が言うと「あっ、そっか~」と男の子。氷砂糖もそっと丁寧に入れて「できた~」と嬉しそうなお子さんたちでした。「先生、いつ飲めるの?」と今からジュースを飲める日を楽しむにしているようです。おいしいジュースになりますように!ガラスの容器の中で梅ジュースが出来ていく様子を楽しみに観察したいと思います。


高齢事業本部

至誠和光ホーム・至誠特別養護老人ホーム

今年もたくさん収穫できました

世の中は未だコロナウィルスが暗い影をおとしていますが、至誠ホームの梅は今年も元気にたくさんの実を結びました。昨年同様、職員総出で梅もぎをしました。この実を漬けた梅酒の味は格別です。今から出来上がりが楽しみです。

ワクチン接種開始!

5月に入り、至誠ホームの各施設で生活するお年寄りへのコロナワクチン接種が始まりました。順次職員への接種も始まっています。まだまだ油断はできませんが、接種したことで皆さんから「少し安心した。」という声が聞かれました。一日も早いコロナ感染の終息を願うばかりです。

至誠ホームキートス

外の空気は美味しいよ

4月のとある日、ベランダで外気浴をしました。
ボランティアさんが手入れして下さった季節の花々を愛でながら、皆さんで、外周をゆっくり巡りました。コロナ禍で外出の機会も少ない中、温かい日差しを受け、ほっと心和むひと時となりました。

至誠ホームアウリンコ・至誠ホームミンナ

これからも元気に過ごせますように

日頃からご入居者・ご利用者・職員をあたたかく見守って下さる「輝き観音様」(至誠ホームアウリンコ)、「絆観音様」(至誠ホームミンナ)です。生活されているお年寄り皆さんの心の拠り所でもあります。
写真は毎年5月・6月に行うご法要の様子です。天気の悪い日が続いていましたが、観音様のお心遣いか、両施設ともご法要の際は雨もすっかり上がりました。
少人数ではありましたが、外の空気に触れながら皆さんで健康への感謝の気持ちや新型コロナの感染終息など、さまざまな思いをお伝えしました。

春夏秋冬 2021春号

児童事業本部

至誠大空の家

お正月

今年は新型コロナウィルス感染予防のため元旦式は各ホームからオンラインでの参加となりました。直接顔を合わせることは出来ませんでしたが、パソコンの画面を通して一人一人新年の抱負を発表し、気持ちを新たにしました。例年皆でお重を開けてにぎやかにいただくおせち料理も今年は銘々に用意し、お雑煮とともにいただきました。

3日には恒例の書初め会を行いました。ホールで半紙をひろげ墨をたっぷりつけて、のびのびと元気な字を書いていました。合格祈願をしたためる受験生や絵を描く子、思い思いに筆を運んでいました。

節分

今年の節分は職員扮する鬼の登場はなし。恵方巻を食べた後は、ホームの子ども達が用意した個性豊かな鬼の絵に向かって豆まきをしました。福が来ますように。疫病が退散しますように。

大空へ羽ばたく会

感染拡大防止のため来賓の方々をお招きすることは出来ませんでしたが、子ども達と職員で準備した動画でのメッセージや合唱、温かい励ましを受け、2人の卒業生が新たな一歩を踏み出しました。


保育事業本部

成育しせい保育園

春の訪れから巣立ちへ

寒さの中にも時折春の温かさを感じる1,2月が過ぎると、年長児さんの巣立ちの時期がやってきます。コロナ禍であっても子どもたちの成長は止まりません!!
元気いっぱい!成育しせい保育園の子どもたちの様子をご紹介します。

おーい!げんき?

上手に歩ける子が増えた0歳児のおともだち、ドア越しに次のお部屋に移行したおともだちを見かけました。「あー!」「バイバ―イ」と挨拶をする場面も♪「かがみのふしぎ」も発見しているのかなー

あったかいな~、気持ちいいな~

お散歩にでかける1.2歳児さんは自分の防止、靴下、ジャンパーを持ってきてできることに一生懸命向かっています。少しずつ「できた!」が増えています。
水仙が咲きはじめ、春の気配を感じる2月、日差しが暖かい日には屋上でゴローンと気持ちよさそうです。

やっと会えた!卒園した1年生との交流

感染症対策の為、リモートで行ってきた卒園児交流会でしたが、この日初めて保育園で開催、久しぶりに会えて喜びもひとしお。制作を小学校のお兄さんお姉さんに手伝ってもらったり、小学校であった楽しいことや、授業のお話しも沢山聞かせてくれました。

改善(福祉QC)活動サークル 取り組みの評価

改善(福祉QC)活動、2018年度の取り組み「文具棚を使いやすくしよう」が、QCサークル石川馨奨励賞という名誉な賞を頂き、立派な楯が届きました。また頑張るぞ!

成長を喜び合いました!

2月に成長を喜ぶ会を行いました。お客さんはおともだちと先生です。小さいおともだちの発表を見守る年長児さんの優しい笑顔が印象的でした。プロのカメラマンに撮影して頂き、ホームページにUP。子どもたちは生き生きと、堂々と楽しんでいるたくましい姿を見せてくれました。形は変わりましたが、子どもたちの成長を一緒に喜び合える機会となりました。

今日は保育園でお泊りの日

当園の24時間型延長保育は、夜勤のお仕事、また看護等のための保育で、世田谷区全域に開いています。
この日は、いつもは他の保育園に通っている3歳の男の子です。お母さんとのバイバイは涙が出ましたが、すぐに大好きなお人形さんを傍らにおいてご機嫌に遊んでいました。ご飯もたっぷり食べて、朝までぐっすりでした。
認可保育園でのお泊まりの保育は全国的にも少ない取り組みです。お家にいるような温かい雰囲気で安心して過ごしてもらえるように、また必要な方に支援が届くようにこれからも尽力していきます。

お父さんお母さんと卒園児、サプライズお手紙交換
~お父さんお母さんありがとう~ 
~生まれてきてくれてありがとう~

おもいで遠足に行けなかった卒園児さん、代わりになる思い出作りが何かないかな?と先生たちは頭をひねり、卒園児さんからお家の方へサプライズでお手紙を出すことにしました。自分でハガキを書いて切手を貼ってポストに投函!
いきなりハガキが届いてお家の方はビックリしたことでしょうね。今度はお父さんお母さんからサプライズでお子さんにお手紙を書いてもらいました。届いたお手紙は、我が子を想う気持ちであふれていました。~生まれてきてくれてありがとう、大好きだよ~
親子の絆が深まり、良い思い出ができました。


高齢事業本部

至誠特別養護老人ホーム

疫病退散!やる気マックス!

今年のお正月は、一同に集まっての新年祝賀式典は行わず、フロアやユニットごとにお祝いをしました。その中でも、地元「錦六会」のお囃子部の皆さんが、例年どおりお囃子と獅子舞をご披露下さいました。

「今年も無病息災と行きますように!」

コロナ禍でも、生活リハビリチームが工夫を凝らし活動を実施しています。
素晴らしい作品の数々。入居者皆さんの元気とやる気は健在です!

至誠和光ホーム

ひなまつり

コロナの影響で我慢の日々が続きますが、ささやかながらひな祭りの会を開催しました。春を感じるメニューのランチを囲んで、皆さんで憩いのひと時を過ごしました。

お内裏様とお雛様♪

美味しい食事と甘酒です!
桜が咲いたらお花見もしたい!

至誠ホームキートス

新年祝賀会

今年も元日に祝賀会が行われました。玄関やギャラリー、フロアやユニットもお正月らしい飾り付けられました。ご家族においで頂くことはできませんでしたが、新年を歓び、一年の抱負を語り合いながら皆で祝膳を囲みました。

あでやかな着物姿の年女(職員)と

調理スタッフ渾身の祝膳は今年も大好評

至誠ケアセンターもとまち

今年は良い年になりますように

未だに新型コロナウィルス感染の収束が見えませんが、新しい年を迎え、今年一年が良い年となることを願いつつ、皆さん気持ちを落ち着かせて日々生活されています。
でも、時にはストレスの発散も必要です!

今年の目標や「鶴」「亀」などそれぞれお好みの文字に気持ちを込めて丁寧に書き上げました。

今日は節分。「鬼(コロナ)は外~!」と、皆さんで豆(新聞紙)を勢いよく投げていました。

春夏秋冬 2021冬号

児童事業本部

10月

暑さも落ち着き、気持ちの良い気候になりました。
子どもたちは元気に幼稚園、学校生活を送っています。
10月といえば運動会シーズン!至誠大地の家の幼児さんが通うモンテッソーリ立川子どもの家でも規模は縮小されたものの無事運動会を開催することが出来ました。
一生懸命練習したお遊戯をピカピカの笑顔で披露し、最後に頑張った子どもたちはメダルをもらって誇らしそうにメダルを見せてくれました!

大地の家の小学生が通う小学校でも運動会が行われ、人数制限はあったものの職員も応援に行くことが出来ました。こちらは1.2年生のかわいらしいダンスから、5.6年生の力強い棒体操やリレーまで、日々の生活の中ではなかなか見ることのできない子どもたちの真剣な表情を見ることが出来て、目頭が熱くなる場面も・・・。
子どもたちの成長に胸が熱くなる10月を過ごしました。

11月

七五三のお祝いがありました。
感染拡大防止の為、今年度は毎年参拝をしていた諏訪神社へのお参りは取り止め、施設の中でお祝いをしました。
髪の毛を結ってもらい、晴れ着に身を包み、普段は元気よく園庭を走り回る子どもたちも、今日はおしとやかにゆっくりと歩き、みんなに「おめでとう!とっても綺麗だね」と声を掛けられ、照れた笑顔を見せてくれました。
これまで元気に育ってくれてありがとうの気持ちを込めて、施設の中だけではありましたが、お祝いをしてあげることが出来ました。

12月

子どもたちが1年で一番楽しみにしている日がやってきました!
12月に入ると大地のホールや各ホームにクリスマスツリーが飾られたり、園庭がイルミネーションでキラキラしたり、子どもたちのウキウキは最高潮に・・・。
今年は様々なパーティが中止となり、寂しい気持ちになることもありましたが、いつも支援して下さる皆様からの温かいプレゼントのお陰で子どもたちは例年以上に楽しいクリスマスを過ごすことが出来ました。
イヴの日はご寄贈いただいた食べきれないほどのお菓子やプレゼント、クリスマスケーキを施設長サンタから届けてもらって各ホームで楽しいクリスマスパーティが出来ました。
この1年は例年通りに行事も日常生活も送れず、大人以上に子どもたちもたくさん我慢をしながら過ごしてきました。それでもいつも元気いっぱいの子どもたちから職員もたくさんの元気をもらった1年でした。この状況でどうしたら楽しく過ごせるか大人も子どももみんなで考え、工夫して過ごしてきました。そのおかげで、大地の家全体の絆も深まった1年になったように思えます。2021年も子どもたちと共に元気に楽しく過ごしていきたいと思います。

保育事業本部

しせい太陽の子保育園

えがお!なかよし!そだちあい!

運動会

今年はコロナウィルス流行のため6月に予定していた運動会を11月に延期して行いました。さわやかなお天気の中、体育指導の中で大好きな鉄棒やとび箱、パラバルーンなどの発表を行いました。2,3歳、4,5歳の2学年ずつの2部制とし、声援も遠慮していただき応援は拍手のみでしたが、お子さまの一生懸命の姿に静かな感動がありました。

最後の年長児の組体操の大技「むかで」は練習の時はなかなかそろわず崩れてしまいましたが、本番はしっかり力を合わせて決まりました!

戸外活動

しせい太陽の子保育園には園庭がありません。なので毎日お子様たちは元気にお散歩に出かけます。この時期は木の葉が色とりどりに染まり、どんぐりなどの木の実も沢山落ちて、毎日いろいろな発見があります。自然の中で季節が移り変わる美しさを感じています。

真っ赤なもみじ見つけたよ!
さぁ!いいもの見つけに行こう!
大きな葉っぱ!
どんぐり!
すすきを見つけたよ!
落ち葉を投げると雪みたいだね!
成長を喜ぶ会

今年は園内で、保護者の方も各学年入れ替え制で行いました。2歳から5歳までのお子様、一人ひとりが保護者の方が間近で見ていて下さることでとても嬉しそうに発表することができました。

2歳児は「てぶくろ」3歳児「イチゴサンタクロース」4歳児「ももたろう」5歳児「聖劇」を演じました。

高齢事業本部

来年は明るい年になりますように!

新型コロナウィルス一色となってしまった2020年。あっという間に年末を迎えましたが、楽しい行事も控えながらの静かな日々が続いています。
そんな中、皆さんに少しでも日常を取り戻していただけるよう、徐々に活動を再開しています。来年はコロナも収束し、楽しい行事や外出活動を再開できることを願ってやみません。

至誠特別養護老人ホーム

英語クラブ10月に再開!

英語クラブは嘱託職員の橋本ライヤさんが講師をして下さっています。利用者と直接関わるボランティアさんの活動は引き続き休止中ですが、そんな中でもお一人で頑張って下さっています。
利用者は同じ階の方同士の少人数とする。講師はフェイスシールドをする。細目な換気など感染症対策も怠りません。
なお、橋本ライヤさんは「広報立川12/10号/立川・この人」でもフィンランドと日本を繋ぐ活動が紹介されています。

至誠調布柴崎ケアセンター

コロナ禍で外出や地域活動の自粛が相次ぎ、地域にお住いの高齢者の皆さんは自宅に閉じこもりがちです。
冬本番のこの時期、乾燥により脱水症状になっていないかなど、例年以上に安否や健康確認が重要となっています。
地域包括支援センターや居宅介護支援事業所の職員さんは、寒い日が続く中、今日も高齢者宅への訪問に出発します!

至誠ホームキートス

毎年11月、キートスホームの家族会「悠遊倶楽部」のご家族ボランティアさんによって「甘味喫茶」を開店していましたが、今年はコロナ対策で、職員が店員となりました。
お汁粉と甘酒を用意し、お好みの物を召し上がって頂きました。「甘い」「甘すぎるけど美味しい」など、大変好評でした。

活動自粛が続く中、少しでも楽しみと季節を感じて頂ければと、特養3階ではハロウィンパーティーを開催しました。ユニット内を秋模様へ装飾し、職員が仮装していざ皆さんの前へ!「わぁ~なんじゃそりゃ~」「かわいいいじゃないの」。入居者の皆さんにはあまり馴染みのない行事かと思いましたが、パンプキンプリンやロールケーキを召し上がって盛り上がり、職員ともども楽しいひと時を過ごすことができました。

至誠ホームミンナ

至誠ホームミンナグループホームでは、11月に敷地内の畑で栽培したさつま芋を収穫して、入居者の皆さんでスイートポテトを作りました。もちろん感染症対策もばっちりです!
収穫作業は大変でしたが、愛情をたっぷり注いで育てたお芋たちのあまりの美味しさに、数十個のポテトたちがあっという間に完食となってしまいました。
皆さんのパワーと食欲に脱帽です!

新型コロナウィルス感染症発生状況等についてのお知らせ 第2報

先にご報告いたしましたが、その後法人経営の2事業所で新型コロナウイルス感染者の発生がありました。

この件に関しても関係行政のご指導を頂き、当該事業所及び法人として慎重な対応をいたしておりました。現在は感染者の隔離期間も過ぎて利用者、職員も通常の生活、勤務に復帰しております。今後も各事業所では緊張感をもって十分に感染予防・対策に努めて参ります。

尚、発生事業所、感染者氏名はプライバシー保護のため公表は致しておりませんが、ご理解頂くようお願いいたします。

新型コロナウィルス感染症の発生状況等についてのお知らせ

法人経営の3事業所で新型コロナウイルス感染者の発生がありました。

この件に関して関係行政のご指導を頂き、当該事業所及び法人として慎重な対応をいたしておりました。現在は感染者の隔離期間も過ぎて利用者、職員も通常の生活、勤務に復帰しております。今後も各事業所では緊張感をもって十分に感染予防・対策に努めて参ります。

また、関係する自治体・行政から事業所、職員に対して暖かなご支援を頂きましたことに心からお礼を申し上げます。

尚、発生事業所、感染者氏名はプライバシー保護のため公表は致しておりませんが、ご理解頂くようお願いいたします。

春夏秋冬 2020秋号

児童事業本部

至誠学園

コロナ禍における思い出作り

コロナの影響で今年の夏はみんなが楽しみにしていた臨海行事も中止となり、一か月弱と短くなった夏休みをどう過ごすか、新しい生活様式の中において子どもの自治会や職員会議にて様々な意見を交わしました。そして3密を避け身近な環境の中でも楽しい思い出を作る行事を企画し、実施しました。その一部を紹介します。

カレー大会

「免疫力を高めるおいしいカレー」というテーマをもとに、買い物から調理まで子どもたちが中心となってカレーを作りました。
どのカレーも最高の出来栄えでした!

カヌー教室

多摩川のわんど(流れがない場所)を利用し、小学生以上の児童がカヌーに挑戦しました。最初は思うように漕げず苦戦していましたが、あっという間に上達し、スイスイと進むようになりました。水面にのんびりと佇んだり、泳いで楽しむ様子もありました。

0歳からのコンサートでご協力いただいているシンガーソングライターの玉城ちはる様より、コロナ禍で頑張っている卒園生を応援したいと支援金を頂きました。

夏の最後を締めくくる、花火大会。来年は安心して過ごせますように。

保育事業本部

諏訪の森保育園

日本の夏! 諏訪の森の夏!

諏訪の森といえば♡

コロナウイルスの影響でプール遊びや例年の夏祭りは出来なかったけど…
それでも諏訪の森保育園!夏を十分に楽しみました♪

おみず

じょうろに水を汲み、砂場へ何回も、何回も。

滝修行

洋服も園庭もビチョビチョの泥だらけ。洗濯が…

み~んな虫博士

お隣の神社・公園はお宝の山!毎日虫かごと網を持って散歩へ。
3歳児「先生、動いてる抜け殻発見!」…色々発見します。

お誕生会

園長「お誕生日おめでとうございます。皆さんは暑い夏に…」子ども「プレゼントありがとう♪フフッ何だろう♫」

縦割り保育♡

日常生活では、0歳、1・2歳、3・4・5歳の縦割り保育を行い『大きなひとつの家族として共に育ち合う家庭的な保育』を大切にしています。
今年は、密にならないように戸外遊びが多くなり、自然と異年齢で遊ぶ姿が沢山見られました。

三密 三人の秘密

「ホラッ!」「ナニ、ナニ」「アリさんだねー」
0歳児、1歳児、2歳児です。

線路は続くよどこまでも

5歳児がフープで遊び始めると、次々と3歳児が続き。どこまでも行けそうです。

かーごめ かごめ♪

4歳児がかごめをしていると、2歳児が見ています。「い~れ~て」が言えたかな。

9月小運動会 気持ちは大運動会

今年は、縮小運動会…。幼児組が玉入れの練習をしていると、乳児組も玉を拾ったり、投げたり!気分は大運動会です!

高齢事業本部

コロナ禍でもやっぱり楽しみたい!

新型コロナ感染の収束が未だに見えず季節行事やクラブ活動の中止が重なる中、至誠ホームの各施設では、入居者・利用者皆さんの生活に少しでも多くの潤いをお届けするため、工夫を凝らしながら季節感のあるイベントや活動を実施しています。

至誠ホームアウリンコ

楽しみにしていた納涼大会も中止に…。それなら! と、各フロアで夏を楽しむイベントを開催しました。

長寿を祝う会の祝膳がユニットごとに行われました。ご家族に参加していただくことができず、寂しい思いをされないよう、職員の二人羽織りで盛り上げました。

至誠ホームスオミケアハウス

「ウィズアスパーティ」で入居者皆さんのご長寿をお祝いしました。歌やお食事など、お昼のひと時を満喫しました。

至誠ホームキートス

7月にベランダを活用し外気浴活動を実施しました。 現在ボランティアさんの活動もご遠慮頂いているため、フロア職員に加え、受付や生活支援室など職員総出で対応しました。草花を愛で、和やかなひと時を過ごしました。

至誠ホームミンナ特養

見た目も中身も豪華な祝膳。皆さんのご長寿とこれからの健康を祈念して美味しくいただきました。

食欲だけじゃない!運動会でスポーツの秋!ますはしっかり準備体操です。

2020年 至誠祭り・合同バザー中止のお知らせ

「至誠祭り・合同バザー中止のお知らせ」を掲載いたしました。
下の画像をクリックするとPDFファイルでご覧になれます。

春夏秋冬 2020夏号

至誠学舎立川の児童事業本部・保育事業本部・高齢事業本部では、それぞれの事業や利用される皆様の特性に応じた「生活支援」を展開しています。では、その「生活」とはどのようなものなのでしょうか?
この「コラム―春・夏・秋・冬―」では、各事業部での「生活」の様子を季節ごとにご紹介しています。
皆様に関心を持っていただけたら幸いです。

児童事業本部

新たな職員を迎え、至誠大地の家の新年度がスタートしました。
毎年4月に至誠大地の家では“ウェルカムBBQ”と称した新任職員の歓迎ランチ会と新しい学年への期待と喜びを分かち合う“新年度式”を職員・子ども達みんなで行っています。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止せざるを得ない状況となってしまいました。外出自粛、3密回避の中でどうにか新任職員の顔や各ホームの様子をお互いに知ってもらいたいと思い、各ホームで紹介ポスターを作成し、各ホームのリビングと事務所のエントランスに掲示しました。個性豊かな7つのホームとモンテッソーリ立川子どもの家、しゃらの木事務所の職員を紹介するポスターが彩り豊かに飾られ、新型コロナウイルス感染拡大防止への対策に少しナーバスになっていた心を明るくしてくれました。

今年は3人の子どもたちが小学生の仲間入りをしました。大きなピカピカのランドセルにニコニコの笑顔で入学式に参加してきました。さぁこれから毎日学校楽しんでね!と声を掛けたいところでしたが、小学校は臨時休校中。ホームで職員と初めての宿題に一生懸命取り組み、学校への気持ちを高めていました。6月からは念願の給食も始まり、毎日元気に登校する姿に成長を感じています。

モンテッソーリ立川子どもの家でも規模を大幅に縮小し、入園・進級式が行われました。
小さいながらも一つお姉さん、お兄さんになった喜びを感じる子どもたち。「年長組になりました!」と元気な声でご挨拶する子、いつもの保育室の雰囲気との違いに緊張する子、ちょっと恥ずかしくなって先生に助けてもらいながら自己紹介をする子、みんな進級おめでとう!

臨時休校中のこどもたち。
この日はホームでたこ焼きパーティ!具材はタコやウィンナー、チーズ色々なものを入れてみんなでワイワイ楽しみました。
学校へ行きたい気持ち、遊びに行きたい気持ち、感染に不安になる気持ち…いろいろな気持ちが子どもたちの中にあったと思います。我慢しなければいけない場面もたくさんありました。そんな状況の中でもどうにか楽しく毎日を過ごせないか、職員と子ども一緒になってアイディアを出し合い、今できることを考え、力を合わせて日々を過ごしています。

コロナウィルス感染予防のための啓発ポスターを子どもたちに募集したところ、たくさんのポスターが集まりました。どの子もみんな自分なりに気を付けることを考えて一生懸命作ってくれました。ホールや事務所、子どもたちから大人まで目につくところに掲示して感染予防への意識をみんなで高めました。

外出自粛中、たくさんの物品のご寄付をいたただきました。
手作りマスク、衣類、食料品、子どもたちと共にその一つ一つに感謝し大切に使わせていただいています。
6月より登校が再開。子どもたちは手作りマスクを付けて登校しています。写真は新1年生。いろいろな種類の生地のマスクの中から自分の好きな柄を選び、大満足の様子です。

地域の中で生活するグループホーム。庭には梅の木が植えてあり、毎年沢山の実をつけます。
大家さんと一緒に収穫し、今年はなんと6kgも収穫できました!梅シロップと梅干を作りました!みんなわくわくしながら完成を心待ちにしています。

6月。梅雨の貴重な晴れ間の休日。
至誠大地の家の周りにはたくさんの公園があり、お休みの日にはよく遊びに出掛けます。こちらの立川公園には湧き水からのとても綺麗な水が流れる小川もあります。「サンダルとタオル持ってくればよかったね」「次来るときは水に入ろうね」と会話しながら思いっきり体を動かして遊びました。


保育事業本部

万願寺保育園

コロナウイルスの影響で入園進級式を例年のように皆さんでお祝いする事ができなくなりましたが、縮小した入園式と進級を祝うバッジ贈呈式を行い、新しい年度をスタートしました。登園自粛の4、5月でしたが、6月からはお子さまの元気な声が戻ってきて、嬉しく感じている日々です。

バッジ贈呈式で園長先生から一人一人にバッジをつけてもらい、進級を喜びました。

1、2歳児縦割りで過ごす事で、お世話をしたいという気持ちが育っています。

4月入園の0歳児のお子さまも保育園の給食を笑顔で食べています。

年長児のお子さまは竹馬を運動会で披露する事を目指しています。この時期から地道に練習を行っています。


高齢事業本部

コロナに負けるな!!

会える日が待ち遠しい!

至誠ホームでは新型コロナウィルスの感染防止のため、2月末からご来園・ご面会制限を継続中ですが、5月から各特養では順次「オンライン面会」を開始しています。
ご家族の皆様からは「顔を見られただけで安心した。」「最近の様子がよく分かりました。」などの声を頂いています。

「私は元気だよー。早く会いたいねー。」
<至誠キートスホーム(立川市)>

身近なところでほっこりと

さまざまな活動が自粛される中、ささやかながら皆さんに季節を感じていただきました。
<至誠ホームアウリンコ(立川市)>

3密を避けて、看護師たちがお弱い方を中心にお花見にお誘いしました。

「どんな花が咲くのかしら?」
「おいしい実がなるかなぁ?」  
植物の成長は日常に楽しみを与えてくれます。

熟成されて美味しくなあれ

毎年恒例の梅もぎをしました。例年は入居者の皆さんと一緒にもぎますが、今年は新型コロナウィルスの影響もあり職員だけで行いました。入居者の方に最適なもぎ頃を教えていただいたおかげで、17キロもの大量の梅がとれました。
 その梅を使って入居者の皆さんで梅酒を漬けました。後日お祝いの会などの乾杯用としていただく予定です。今から出来上がりが楽しみです。
<至誠特別養護老人ホーム・至誠和光ホーム(立川市)>

願いよ届け!

デイサービスをご利用の皆さんが、カラフルな紙箱を多数利用してハートの立体壁飾り
を作成しました。このハートには、新型コロナウィルス感染の収束・終息と世界の平和を願う皆さんの心(ハート)が込められています。  
<至誠ケアセンターもとまち(国分寺市)>

一日も早く安心できる生活が戻ってきますように!

理事長発信「正しく怖れよ」

新型肺炎コロナウイルスを怖れて
~2020(令和2)年6月23日までの経過の中で~

至誠学舎立川 理事長橋本正明

世界を震撼とさせている新型肺炎コロナウイルスです。我が国において影響が始まったのは半年前、本年1月のことでした。もう遠い昔のように感じます。しかしこの半年の間に世界が大きく変わった感を持つのは私だけではないでしょう。今年のオリンピックを、開催するかしないか甲論乙駁の議論があったなどほぼ忘れ去られてしまいました。
この間いろいろなニュースが飛び交わされました。そこには私たちの運命のハンドルを握る、世界の政治家の力量や判断力、誠実性、社会観が露わにされたと言えましょう。明確化されたのは感染症とは常に人類を脅かし続けているという事です。

そして私たちの社会を支える人々、エッセンシャルワークという地味でありながら社会の基盤を支え動かしてくれている「人と組織」の誠実な働きがあること。
僭越ですが、私たちの法人の仕事はその一翼を担っています。そして組織の理念を高く掲げ、そこに所属し働く人々の気持ちをいかに奮い立て、仕事に取り組んでいただくか、リーダーとしての理事長の大きな役割と責務と強く認識してきました。

まだこのウイルスに対して私たちは勝利したとは言えません。まだまだ薄氷を踏む思いで毎日を過ごしています。しかし私たちの社会は気が付きました。この感染症を撲滅するのではなく、「共に在る生活」をしていく事だと。言葉を換えれば「正しく怖れて対処する」という事。今でもインフルエンザ、コロナ、ペスト、赤痢、そして結核も常に私たちの生活のそばにいます。もちろん予防のワクチンや劇的な治療薬の開発を待ちつつ、生活の中で正しい対応をしながら毎日を過ごしていくしかありません。現場の力に深い畏敬と感謝の言葉しかありません。

その上で1500人のスタッフが働く法人の理事長としての役割として、職員へのメッセージを幾つかの節目に当たって発出してきました。将来法人のその間対応を検証する資料と為ることを思い以下にその文書を掲載させていただきます。
発出は2月25日、3月9日、4月1日、4月8日、6月22日の5回でした。それぞれ内外の節目の折の発行でした。


第1号 コロナ蔓延の兆しの中で  

2020年2月25日

至誠学舎立川 管理者各位

理事長 橋本正明

日ごろ業務精励ご苦労様です。年度末の慌しい折に新型肺炎(コロナウイルス)の蔓延のニュースに、心が落ち着きません。法人の各施設関係者においても感染の可能性が否定できません。しかしその危険度はインフルエンザ・ノロウイルスと同レベルではないかと考えます。落ち着いた対応をお願いします。
不安の基は予防接種や治療薬がまだ出来ていないことです。特に乳・幼児や高齢者は発症が重大な結果になる可能性があるので十分注意を払ってケアに当たってください。対応は他の感染症の発生時と同様です。折から慎重にお願いをします。
現状ではイベントや行事などについて2月23日に厚労省からQ&Aが示されています。参考にして個々の状況と必要性に応じた判断と対応を各事業本部でお願いします。ただし、実施する際にも来賓のご招待は慎重にお願いします。
以上

厚生労働省HP Q&Aから(一部略) 2020.2.23
Q:イベントや行事など開催については、どのように対応すれば良いですか?
A:以下の通り
最新の感染の発生状況を踏まえると、屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高めるとされています。そのため、イベントなど感染拡大の防止という観点から、感染の広がり、会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を検討していただくようお願いします。なお、イベントなどの開催は、現時点で政府が一律の自粛要請を行うものではありません。
また、開催する場合は、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状のある方には参加しないよう依頼をすることなど、感染拡大の防止に向けた対策を徹底してください。
風邪のような症状がある場合、仕事を休み、外出を控え、手洗いや咳エチケットの徹底など、感染の拡大防止につながる行動をお願いします。


第2号 「正しく怖れよ」私生活の自粛要請

2020年3月9日

至誠学舎立川職員各位

新型肺炎コロナウイルスに関しての私生活自粛の要請

理事長 橋本正明

現在、新型肺炎コロナウイルスの発生が全世界的に広がり、わが国も危険地域として報道がなされています。また東京都内でも保育園、高齢者施設・デイサービスの職員の感染が伝えられています。
法人としてのスタンスは「正しく恐れよ」という事で、通常の感染症対策を一層強化して利用者の健康保全、各施設の適切な施設運営を指示しているところです。

インフルエンザ、ノロウイルス、疥癬等常に多くの人が利用している福祉施設において感染症の危険は常に存在します。特に循環器系、呼吸器系の疾病を持つ虚弱者が感染すると重篤な症状を呈することが予測されます。そのような利用者へのケアを担当する方は自身の健康管理に十分配慮し日々のケアに当たっていただくことが重要です。

今回の感染経路の報道では一般的な人から人への感染ではなく、換気が悪く密集した室内で、感染者がいるところでの空気感染が主だと言われています。しかし誰が感染者であるかは事前には分かりません。ここで私たちが注意することは自分自身がウイルスを運んでしまうことがないようにそのような危険のある場所には極力いかないという判断が重要です。

自分自身がウイルスの感染者・仲介者となり、利用者に感染させないために私生活においても当面自粛した生活を心がけること要請します。 以上、


第3号 2020年度新規採用職員を迎えて

2020年4月1日

(社福)至誠学舎立川 2020年度採用者 各位

新型肺炎コロナウイルスに関しての職員私生活自粛の要請

至誠学舎立川理事長 橋本正明

現下、新型肺炎コロナウイルスの感染者、発症者拡大の勢いが続いています。つきましては対人援助活動を働きとする皆さんがウイルスの媒介者になって事業所に持ち込むことは絶対に避けなければなりません。現在の発症者の約半分は感染経路不明だそうです。それは感染をした若い人の多くは発症しないことが理由のようです。感染に気が付かないで仕事に就かれ、利用者に感染させる事を危惧します。

法人では3月9日付で以下の文書により職員に私生活の自粛を要請しています。皆さんにも同様に要請をします。期間はこのコロナウイルスの危機が去るまでと認識ください。


第4号 緊急事態宣言を受けて

2020年4月8日

至誠学舎立川職員各位

新型肺炎コロナウイルスに関する緊急事態宣言発令への対応

理事長 橋本正明

4月7日火曜日、法律に依る新型肺炎コロナウイルスに関する緊急事態宣言が発令されました。東京都としての具体的な対応指示も近日中に出されると思います。それを踏まえて法人としての対応は決まりますが、その上で現場での間違いのない対応をお願いします。基本は従前から申し上げている、「正しく怖れよ」です。

私たちは日頃から感染症に対しては正確に把握し、行政の指導を受け、マニアルを持ち、対応の経験を積んでいます。その基本を忘れずに正しく事に臨みましょう。

緊急事態期間は5月6日、連休明けまでとされていますが、状況によりもっと延長されるかもしれません。しかし従来の経験では、感染症はピークを過ぎれば徐々に治まってきます。今は目の前のことに戸惑わされず間違わず対処する事を心掛けましょう。

この緊急事態が福祉現場の運営、利用者のケア、また私たちの生活にどのような影響を及ぼすか分かりません。しかし私たちの仕事は社会的な使命を持った専門職の働きです。この有事の際にこそ「まことの心」のはたらきが問われていることを肝に銘じ、組織としても福祉専門職としても自覚して対応、努力していきましょう。

一方、現場で働く皆さんはご自身の健康管理に十分配慮し日々のケアに当たっていただくことが大切です。私たちが注意することは、自分がウイルスを運んでしまうことがないように危険のある場所には極力いかないという判断と行動が重要です。

自分自身がウイルスの感染者・仲介者となり、利用者に感染させる事がない様に緊急事態宣言が要請する私生活においても自粛した生活を心がけることに徹してください。
以上、この文書の意図するところを十分理解し、日々のお仕事に取り組まれることをお願いします。 以上、


第5号 東京アラート解除後の自粛生活要請

2020年6月22日

至誠学舎立川職員各位

コロナウイルス警戒・東京アラート全面解除後も私生活自粛の要請

理事長 橋本正明

現在、行政・公衆衛生当局、そして真面目な態度(Nudge)で対応された多くの市民の努力により、新型コロナウイルスの発生も収まりつつあるようにみえます。お陰様で現在のところ至誠学舎立川法人事業全体でも利用者、職員の感染・発症の報告はありません。関係者各位の普段からの感染症対策、そして今回の緊張の下での努力で水際対策が成功しているのだと思います。皆さんの誠実なご努力に感謝いたします。
政府の去る5月25日の緊急事態措置の解除、そして東京独自の施策、東京アラートが6月19日に解除になりました。これで多くの事業者への休業要請が緩和されました。

しかし、東京においてはまだ新たな感染者が発見されています。これは検査体制の充実の結果だとは思いますが、6月17日/16人、18日/41人、19日/35人、20日/39人、21日/35人と感染者が報告されています。そして感染者の8割には自覚症状がなく、発症もしないといわれます。しかしウイルスには強い感染力があり、虚弱者・高齢者、最近は子供への感染も報告されています。それが怖いのです。

そこで待たれるのは予防ワクチンと治療薬の開発です。それまでは緊急事態宣言が解除になろうとも、東京アラートが解除になろうとも、職員の皆さんに以下の自粛した生活を要請します。
むやみに繁華街に出かけない、人込みでのマスクの使用、手洗いの励行、食事と運動に注意し健康な生活を送る。体調を崩したら即安静。

我々がコロナウイルスの媒介者になることは絶対にあっては為ってはなりません。それが私たちの仕事の「職業倫理」です。 以上、

春夏秋冬 2020春号

至誠学舎立川の児童事業本部・保育事業本部・高齢事業本部では、それぞれの事業や利用される皆様の特性に応じた「生活支援」を展開しています。では、その「生活」とはどのようなものなのでしょうか?
この「コラム―春・夏・秋・冬―」では、各事業部での「生活」の様子を季節ごとにご紹介しています。
皆様に関心を持っていただけたら幸いです。

 

児童事業本部

毎年恒例の風景です

至誠学園のお正月は、屋上での新年会から始まります。

今年はとても良いお天気で富士山がきれいに見えました。

本部長、施設長よりごあいさつをいただき、至誠大地の家、至誠学園で生活している子どもたちみんなで新年のあいさつをし、一月一日のうたを歌い、ジュースで乾杯します。

元旦の午前中には獅子舞がやってきて、無病息災を祈り頭を噛んでもらいました。中には獅子舞が怖くて、顔を強張らせて逃げ回る子もいました。

大晦日、栄養士や家事援助スタッフ中心におせち料理を作ります。職員や子どもたちも家事援助スタッフよりおせち料理の意味合いを聞きながら、お重の詰め方も指導していただきました。

新年会後には皆でひとりひとりにお重が配られ、彩りのよいおせちをお雑煮とともにいただきます。年上順にお屠蘇をいただきながら、新年の抱負を発表しました。

2日には恒例の書初め。子どもたちが思い思いの字をしたためました。

墨のにおいをさせながら、何枚も何枚も夢中になって元気いっぱいに書いていました。

成人式には、6名の卒園生が顔を見せに来てくれました。学園を卒園してから早2年…、立派になった姿を見ることができとても感慨深い時間でありました。

ささやかではありますが、お祝いをさせていただきました。

節分には職員が鬼に扮して、年男年女中心に豆まきをしました。子どもたちの『鬼は外、福は内』の声が園内いっぱいに響き渡っていました。

小さい子どもたちは大泣き、大きい子どもたちはおおはしゃぎでした。

終了後のホーム内、園庭、外廊下は撒いた豆だらけになっていました。

3月、コロナウイルスの影響で縮小せざるを得ない状況の中、卒園式を行いました。今年は6名の子どもたちが卒園の対象で、また学習ボランティアや宿直補助の方々6名が学校を卒業され、皆それぞれ新しい進路に向けて進んでいくことになりました。

例年通りとはいきませんでしたが、とてもよい式になったと思います。

今年のテーマは『至誠六輪~それぞれが羽ばたく未来へ~』でした。それぞれ進路は違いますが、このテーマのように未来に向かって元気に羽ばたいていって欲しいです。

 

保育事業本部 

小百合保育園

保育園はいのちが育つお手伝いをさせていただく喜びを最も感じる時期です。

歩けるようになったら、手を使うことが楽しくてたまらない!自分でやりたい!といろいろなことに取り組む姿。知りたがり屋さんで初めて見るもの触るものにワクワクする姿。

練習をたくさん積み重ね大勢の前で堂々と発表する姿。お雛様を毎日興味深く見る姿。

子どもも大人も楽しくてうれしい、とっても充実している毎日です。

靴を履こうと真剣に取り組みます
小さな汚れ物をゴシゴシお洗濯
きれいにたたんでおしぼり作るよ
葉つき玉ねぎ どんなにおい?
晩白柚 みんなのお顔より大きいね!
成長を喜ぶ会 緊張したけど楽しかったよ!
大好きなお雛様と一緒に♡

高齢事業本部

毎日が学びの時です

至誠ホームアウリンコでは2018年度から、家族・職員合同の勉強会を行っています。

2年連続で看取りケアをテーマとしました。

2019年度は1月10日・24日の2回コースで実施、1回目は3名の職員による外部研修の伝達としました。2回目は実際にお看取りを行ったご家族にもおいでいただき、看護師、ケアマネジャー、相談員、ケアワーカー、栄養士、リハビリスタッフなど、それぞれの立場での経験や振り返りを報告しました。

両日とも30名前後のご家族が、熱心に参加されました。

 

本場の味に舌鼓 

至誠ホームミンナでは、インドネシアからの技能実習生と入居者の皆さんがカレー作りをしました。ユニット中に広がる本場のスパイスの香りに、入居者皆さんやスタッフの食欲もアップ!

寒さが募るこの季節、カレーの効果で心も体も温かくなりました。

 

厄を祓って福来たれ!

至誠ホームオンニは、この春開設1周年。

入居者皆様の末長いオンニ(幸せ)を願って、豆まきで厄を祓いました。

「福は~内!」「鬼は~外!」の掛け声で、鬼もコロナも吹き飛ばせ!

やって来た福とともに、お豆も美味しくいただきました。

 

晴れて一人前になりました

3月27日(金)、今年度入職し1年が経過した新入職員たちの独り立ちの証し、恒例の「誓いの式」が執り行われました。

この日、職員たちは至誠ホームの行動規範でもある「至誠ホーム職員の誓い」を全員で唱和し、高齢者福祉の専門職として巣立ちました。もう新人ではありません。

みんな1年間良く頑張った!これからも末長く共に頑張って行こう!!